体力勝負のアルバイトといえば?

私がやったアルバイトで一番きつかったのは、100円ショップの搬入です。

体力勝負のアルバイトといえば?

私がやったアルバイトで一番きつかったのは、100円ショップの搬入です

● 41歳 : 女性の話
私がやったアルバイトで一番きつかったのは、100円ショップの搬入です。

新しく開店する100円ショップの店内に商品を陳列するという作業で、始めは楽しそうだと思っていました。

しかし、実際にやってみたところ、体育会系のノリにびっくりしまいました。

まず、搬入する商品を運ぶのですが、常に小走りを要求されます。しかも、陶器やら文具やら重い商品ばかりです。
これを倉庫から店内へ運ぶだけでも、汗だくになってしまいます。陳列する時は、社員の指示に従い棚板や陳列バーを持ってきてつけたり、「やっぱり違う」と言われてはずしたりとその繰り返しでした。

商品を陳列する時は、とにかく早くしろと言われました。
時々社員からのチェックが入り、遅いと怒鳴られてしまう始末です。

1日やっただけで、もう2度とやりたくないと思った程、体力、気力とも使うアルバイトでした。
次の日は当然筋肉痛です。
100円ショップのバイトは意外とハードでした。

アルバイトを色々してきた中で

● 39歳 : 女性の話
アルバイトを色々してきた中で、特に体力を必要としたものが、何よりも引越しのアルバイトです。

進学や就職などで移動が多い春の時期に大量に求人が出ますから、目にしたことがある人も多いでしょう。元の家から家財道具をトラックに積み込んで、転居先まで運びます。家財道具を決められた時間内に、速やかに運搬しないといけないという規則がありますから、体力だけでなく時間制限も頭に入れて、取り組む必要があります。
2人1組でペアになって、まず大きな家具から部屋に入れていきます。マンションだった場合、養生作業(家具や床を傷つけないようにシートを張る作業)なども、同時進行で行わないといけません。また、腰や肘など体をきちんとメンテナンスしていないと、後々苦労することになります。
ただ要領を得るようになると、新人の誰とパートナーを組むことになったとしても、締め切り時間に間に合うように、引っ越し作業を終えることができ、高収入なのでうまみのあるアルバイトだったと感じています。